Autodesk Revit公式トレーニングガイド

---Revitのトレーニングガイド執筆者のフォローブログです---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

RUTS活用法1(トレーニングガイド特別編)

 このブログも少し趣向を変えて、トレーニングガイドの特別編として軽いトレーニングなどを書いてみたいと思っています。
その最初のテーマとして、「RUTS」を取り上げてみます。RUTSはRevitユーザーに、とても有益なツールですが、マニュアルなどが存在しないので、使い方がわからない場合もあります。私自身RUTSの解説資料が欲しいと思っていたので、書いてみようと思いました。
このブログでRUTSの良さを実感して頂けたらと思います。

Autodesk Revit 公式トレーニングガイド 特別編 1 
Revit User Tools (RUTS) 活用法


特別1-1 RUTSについて

 RUTSというのは、RevitUserGroupがRevitユーザーのために、無償で提供している、Revitを使うための便利なツールです。実務活用のために、とても便利なツールなので、ぜひ使うべきだと思います。
RUTSをインストールすると、下記の様に「RUTS」のタブが追加されます。毎年ユーザーの希望により機能が拡張され、このようにRevit上で活用できる様々な機能があります。

下記が2014版のRUTSです。
a1-01.jpg

下記は2016版のRUTSです。
a1-02.jpg
2016版では、いくつかの機能が増えているのがわかります。
「ファミリブラウザ」や「部屋重心」など、項目名を見ただけで、期待できる機能の追加です。

RUTSはRUGのホームページからダウンロードできますが、Autodeskのホームページからもダウンロードできます。
アドレスは下記です。
http://bim-design.com/ruglibrary/

開発部会というところに、各バージョンのRUTSがダウンロードできるようになっています。RUTS2013までは64bitと32bit版の両方がありましたが、Revit2014以降は64bit版のみとなっています。
A0-2.jpg

RUTSには様々な機能があります。トレーニングガイドと連携する項目で分類すると下記のようになります。トレーニングガイドで説明した順番に従って、まず「2Dドローイング」の項目から説明したいと考えています。

a1-05.jpg

※このRUTSの説明についてはトレーニングガイドの本と連動しています。トレーニングガイドの本文を引用して説明する場合もあります。

息切れしないように少しづづ書いてゆこうと思っています。(笑)


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。