FC2ブログ

Autodesk Revit公式トレーニングガイド

---Revitのトレーニングガイド執筆者のフォローブログです---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

来年に向けて

今日は大晦日。早いもので2015年も終わる。
このブログ、トレーニングガイドのフォローブログであるが、わたしのBIMに関する雑記のようになっている。
その理由は、REVITを学ぼうとする人は、BIMを目指す方が大多数なので、私の経験なども、役に立つと思ったからである。これは2016年も続けたいと思っている。

ただ、トレーニングガイドも、書き足りないものが山ほどあるので、何らかの形で、続編を、と考えている。

まず、テンプレートの作り方を説明したい。テンプレートは、REVITによる作業のルールや、手順、作業に便利な工夫などを事前に用意した、プリセットデータのようなものである。テンプレートの出来が、REVITの作業性に大きく影響する。

ただ、テンプレートの説明の前に、図面枠について、説明しようと考えている。図面枠はファミリである。この図面枠ファミリを自在に作れるようになるには、トレーニングガイドのBIMワーキングについて理解しておかねばならない。

そもそも、現時点では、設計作業が、REVITの三次元のモデルだけで、終わるわけではない。整合性の高い二次元のドキュメントをどう作成し、管理するか、が問題となる。シート機能による、ドキュメントのマネージメント的な意味合いを持つ、シートや図面枠ファミリを、まず説明すべきであろう。これはまた、テンプレートを説明する上でも、必ず必要となる内容でもある。

テンプレートの次は、できればファミリの作成方法の解説がしたい。少し先になるかもしれないが、これまでのトレーニングガイドの内容に加え、コンポーネントファミリが自由に作れるようになれば、REVITをほぼ完全に理解したことになる。
その先は、まだ考えていないが、システムファミリのカテゴリごとの機能解説なだろう。

例えば、システムファミリの壁は、必ず使う機能であるが、この壁を完全に理解することも、なかなか難しい。完全に理解出来た時、また、作業改善の可能性がでてくるはずである。

テンプレート、システムファミリ、コンポートファミリの解説が終わったとき、ようやく、ほぼすべての機能が見えてくる。
その先は、BIM連携とか、設備 や構造の機能、BIM設計のチュートリアルなど、やってみたいことは山ほどある。

ただ本を書くだけでなく、直接教えたい、という気持ちもある。サラリーマンなので、なかなか難しいが、こんな大風呂敷を広げて、新年を迎えることとしよう。

来年もよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。